2011年07月11日

灰色の脳細胞は死にました。

7月11日(月)

夕べ、10時過ぎに緊急入院した、
灰色の脳細胞、エルキュール・ポアロは死んでしまった。
春ごろから、ずっと鼻炎で、
お薬飲んでは、直って、
また悪くなって、お薬飲んで、
夕べ状態が悪くなって、入院した。

仕事で出かけた先で、雨が降り出した。
チョル彦から電話があったけど、すぐ切れて、
そのあと、おどどから電話があって。

『ポー、死んだよ。病院から電話があった。』

かわいそうに、
もっと早く気がついてあげればよかったね。

ごめんね。

病院は職場の近くなので、
夕方、迎えにいった。

優しい、ポーちゃん。
灰色の毛で生まれてきたから、
灰色の脳細胞【エルキュール・ポアロ】と名前をつけてあげた。

拾ってきた子猫を、大事に育ててくれたから、
子猫のイザベラは一人になったことにすねて、さびしそうにしてる。

今まで、何度も猫同士の別れをみてきたけど、
猫にも心がちゃんとあって、
悲しくて、泣いてる。

家族でお葬式をした。

裏のお山に穴を掘ってうめてあげた。

『友達たくさんいるから心配しなくていいよ。
みんな仲良くしてくれるから。』

このお山にはたくさんの猫が眠ってる。
うちの大事な家族だった猫が。

家に帰ったとたんに、雨が降り出した。

チョル彦が、
『ポーちゃんの涙雨。』

3時にも雨が降っていたとき、
ちょうどポーちゃんは死んだんだね。

そして夕方、私たちがぬれないですむように、
時間を見計らって、泣いたんだんね。

ポーちゃん.JPG


ポーちゃん2.JPG

2004.5.21生まれ
7歳と2ヶ月弱。
五つ子で生まれた、女の子ばかりの姉妹は、2匹だけになってしまったよ。
プラス、ポーちゃんが育てた捨て猫のイザベラの3匹。

みんな、仲悪いよね。
ポーちゃんがつなぎ役になってた気がするけど。
なんとか、やっていくでしょう。

かわいい、ポーちゃん
またね。

posted by りろりろ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。