2011年02月16日

子宮がん検査

今日は2ヶ月ぶりの外来。

腋の下のリンパをとった傷のまわりが
腫れてるような感じで、痛いので、
先生に訴えたら、
プニョプニョしてるトコを押さえて、

『普通です。』

『痛いって、動かさなかったら、
本当に体が固まるよ。』

もう固まりつつあるあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

来月は、
PET検査。

PETで子宮がんはわからないのか、聞いてみる。

『よっぽど進行しないとわからない。』

『他にわからない臓器はある?
胃カメラは毎年飲んでるけど、胃は?』


『胃もわからない。胃カメラ飲んでいいよ。』

『PETでわからない場所はたくさんあるよ。
どんな検査しても完全なものなんかないんよ。』

それなら、なんのために受けるの?
って、私が聞きたそうな顔をしたのを、
見逃さなかったみたい。

先生は正直すぎる。
マンモも受けても、50歳以下の人には、
あまり効果的じゃない!!ってハッキリ言ってたし。
でも、がんセンターの診療のしかたとして、
推進してるから、
そうせざるおえないんだろうな。

でも、言っちゃた後で、
しもた〜みたいな顔。



今日、婦人科で、
体癌、頸癌検査もある。

問題はコッチ。

検査のあとで、

『前の検査でイビツナ腫瘍が・・・。』

そんな話は聞いてない。

『タスオミンも飲んでるし、経過観察しようね。』
(ゴメンなさい。お薬飲んでないです。)

『それは、おっきくなるの?』

『今はわからない。』

結果がでるまで、
1週間。

また、恐怖の1週間。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

posted by りろりろ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。