2010年04月21日

キーワード

4月7日(水)
に病院へ行ってきた。

先生の、
『お薬飲んでる?』には、

『飲んでます。4月3日から。』

『4月3日って、ほんとにこの前じゃないの。』

そこから、延々と、
前回と同じ、説教が(説得が)始まり。

私は、

『飲み始めるのに、勇気と時間がいりました。』

たかが、薬が何故飲めない。

もともと嫌いな上に、
以前、ロキソニンで倒れたコトがあって、
それ以来、ますます大嫌い。
体調の異変を感じやすい体質なのだと、思う。

タスオミンを2日間、飲んで、性格が変わってしまうほど、
しんどかったので、
又、同じになるのが怖くて、なかなか飲み始めるのに、躊躇した。

それと、どんだけ甘えてるのか、
もし、誰かが、

『生きていてほしい。』

と、言ってくれたら、
飲みましょう。と心に誓った。

ところが、
誰も言ってくれないのよね。

あとで聞くと、
『そんなセリフ、あんたには、リアルすぎて言えない。』

で、外来日が近づいたので、
さすがに飲まないと、先生が怒るだろう。
ただ、それだけで、なんとか飲み始めた。

でも、お医者さんはみんなに言うと思うけど、

【生きていてほしいから。】

私の待ってたキーワードがココで出てきました。

なんか、どっちでもイイやって雰囲気が、
先生に見抜かれたのかな。

優しい先生なのよ。

『あなたが70なら言いません。
若いのに、治る可能性があるのに、なんで?』

『がんばって飲み始めました。』
『じゃあ、飲むね?』

って、ファイナルアンサーみたいだった。

2週間後に又、おいでってコトなので、
今日、今から時間給取って、行ってきます。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

posted by りろりろ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147238330

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。